大野(おおの)  東京都出身  千葉県市川市在住



武蔵野美術大学卒業後、広告企画制作会社にてグラフィックデザイナー
退職後、絵を描くようになる。
HPを作り絵を公開したところ絵が売れるようになる。
絵画企画制作会社(東京の会社とロサンゼルスの会社)から声がかかり契約。  
アメリカ・東京などで版画化され全国のデパートやギャラリーなどで販売される。
★過去版画化された作品数
東京:6作品(風景画・花の絵)  アメリカ:6作品(風景画・花の絵)

その他、東京、青山にショップがあるステイショナリーやポストカードなどを扱う会社から花の絵がグリーティングカードになり販売される。

各種企業パンフレット・企業HPイメージイラスト、ダスキン・レンタルアート(現在は無くなっております。)
水彩連盟理事事務局から発行された水彩画コレクション画集の作家に採用される。
       

市川市文化振興財団市川市文化会館の「いちかわアーティストバンク」に登録される
南フランス・イタリア・地中海方面などヨーロッパへ絵の取材旅行へ出かけております。

その後は病気や離婚などで画家では生活が難しい為別の仕事をすることになったなど諸事情で絵画活動を中断しHPも閉鎖しましたので
2020年まで、絵画活動はしていませんでした。(当時得ていた業者様との契約は現在、全て無い状態です。)

かなり長い間、絵から遠ざかっていましたが今後は、新作を描いて
がんばっていこうと思っていますので、これからも、よろしくお願いします。

☆私と絵について
私は子供の頃は虚弱体質でした。病気で家で寝ていた時、ふと窓から外を見ると
外は新緑が萌え、花が咲き明るい光が降り注ぐ春でした。

暗い部屋でひとりで過ごしていた私にとって、外は、明るく色とりどりの光の世界に思えました。
そこに行きたいのに行けない自分を悲しく思いました。
美しい光と色は、私にとって「幸せの象徴」なのだと思います。

両親が自営で広告デザインの仕事をしていたので、家には紙やら画材が身近にありました。
小さな頃、家に居る事が多かった私は、それらに落書きしたりすることが唯一の遊びでした。

子供の頃から学生の頃まで描いたものはダンボール何箱分にもなりました。
でも、引越しが多い家族だったので引越しのたびに捨ててしまっていました。
父親と姉も武蔵野美術大学卒で姉は美術の先生で美術一家でした。父親も若いころ画家を目指しましたが生活が困窮して辞めました。絵画は美術館に見に行くもので買う方はなかなかいないので画家で収入得るのは大変な事だと思います。

元々は、日本画をやりたかったので、10代の頃に日本画の基礎(水彩による細密デッサンなど)を
やっていたのですが
美大に行こうとした時に、日本画科は募集人数が極端に少ないというのもあり
かなり悩みましたが将来も考えてデザインに変更しました。
日本画の勉強をしていた時に芸大出身の先生から「モノの形を描こうとしてはいけません。光と空間を描いてください」と言われました。
その時、子供の頃の光輝く窓の外の新緑を思いだし、目の前がぱぁっと開けました。
そこから、絵の実力がどんどん上がったと思います。
私の絵を見たときに、「光を感じる」と言ってくださる方が多いので、とてもうれしく感じます。

私は勉強が不得意で美大入試の英語と国語が合格レベルでは全くありませんでした。
しかし、実技の成績が合格者成績トップ10位以内入ったため合格することが出来ました。
私が絵でがんばることでムサビに恩返しが出来ればうれしいと思っています。

美大卒業後は広告会社でデザイナーになり、絵は描いてませんでした。
デザイナーを退職してから、現在の様な絵を描く様になりました。 公募展等に応募した事はありません。
個展などもした事はありません。個展の代わりにインターネットで絵を見てもらおうとHPを作り公開しました。(当時、新作をHPで出すとすぐに売れていたので作品数が少なく個展が出来ないというのもありました。)
上記のお仕事の経歴は全て、HPで絵を見て頂きメールを頂いたのがきっかけです
絵画関係では全くネットワークが無い私でしたので、全てはHPのおかげでした。

※なお、原画は過去にHPで売ってしまったものが多いのですが 原画が無い絵も、
高画質データを残してあるものもあります。 )

・☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・ ☆.。.:*・

(画材の説明)
風景画と花の絵/ケント紙ボードに筆でアクリル絵の具100%で着色
画材は性質的に水と紙が好きなため水性の絵の具を使っています。

■アクリル絵の具の説明
アクリル絵の具はチューブから出してそのままにしておくと
ビニールかプラスチックのように固まるため、水性の絵の具でありながら耐水性・耐光性があります。
アクリルは透明感があり発色が鮮やかです。
耐水性であるため上からどんどん塗り重ねても、色が濁りません。そのかわり一度塗ってしまうと消すことが出来ませんので常に一発勝負です。
色はほとんど混ぜずに原色を何度も重ねて透明感を保ちながら多くの色を出す独自の描き方をするため描くのに時間がかかり原画はサイズにもよりますが、制作に数週間から二か月ほどかかります。

・☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・ ☆.。.:*・

■趣味・好きなもの

音楽聴く・写真・花・植物・猫・自然 高校生の頃からダンスを始めてから健康になりました。


2022年3月 追加記事

昔、絵画活動を始めた時はHPを見た方からご購入して頂け、画商様などいろいろな企業様からもお声がかかり本当に恵まれていたと思います。
しかし事情があったとはいえ、やめてしまったので、再開してもまた同じようには非常に難しいと感じております。
世の中の状況もネットの状況も当時とは全く変わっていると思います。
今更ですがやっぱり、私には絵しかないんだなと痛感しました。
後悔をするより、再度頑張るしかないと思うので
厳しい状況ではありますが、今後も頑張っていきたいと思いますのでぜひ、よろしくお願いいたします。m(__)m

TOP/////PROFILE/////GALLERY/////LINK /////
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
///// Mailフォーム